治療前 治療後 歯肉からの出血、口臭、口の中のネバネバ感などは、これらの 細菌が関与しています。 スピロヘータ
ミミズの様にウネウネと活動(らせん運動)する細菌
トリコモナス
性感性症の原因にもなる原虫で、涙状の本体にべん毛が数本あり、べん毛活発に動かし他の菌を補食している
アメーバ
原虫の仲間で、大きなアメーバ状の細胞内に白血球などをゆっくりと取り込んでいる
歯周内科治療後には口の中がスッキリ。

歯周病治療は、昔から歯磨き指導と歯石除去など歯のまわりのお掃除がどの歯科医院でも行われている基本的な治療です。

しかし、この基本的な治療を行っても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

歯周内科治療は21世紀に入ってから行われている方法で、最新式の治療方法です。原因である菌を位相差顕微鏡を用い特定し、薬でその菌を退治していきます。

 


動画をご覧いただくには、ADOBEのFlashプレーヤーが必要です。