滝川歯科医院

2018年8月26日(日)、安平町追分にある、農業で引きこもり、ニートの就業支援サポートを行なっている『耕せにっぽん』へ行って参りました。

内閣府の2015年調査で、ひきこもりの人数は全国約54万人で、期間が7年以上が最多の37.4%となったそうです。この問題を解決しようと取り組むのが、「耕せにっぽん」。 代表の東野昭彦さんが中心となり、北海道勇払郡安平町でニートや鬱病など、引きこもっていた人々が大地を耕す「耕し隊」を結成。 隊員は農業研修とともに、7カ月の共同生活で集団行動のルールを学び、社会復帰を目指しています。

そんな耕せにっぽんへ、ご縁紡ぎ大学4期生の皆様とご一緒にお邪魔して参りました。 こちらはご縁紡ぎ大学主催の中村文昭さんの考案で、社会問題である引きこもりが、これまた社会問題である農家の減少を解決する、一気に社会問題が同時に2つも解決するという考えで立ち上がった農業生産法人です。 ですから、当然我々の学びも2倍。 ここで働いている元引きこもりの方々ともミュニケーションを取り、更に農業を体験。 素晴らしい学びの時となりました。 こちらで生産しているトウモロコシは生でも甘い(^o^) そして、こちらでご勤務のマリさん。 マリさんは脳性麻痺で生まれ、お医者さまから20歳まで生きられないでしょうと言われた方です。 この方の存在が社会復帰への大きな鍵になっています。 もしもお近くに、引きこもり、ニートの方がいらしてお困りであれば、是非とも「耕せにっぽん」にご相談される事をお薦めいたします(^o^)/

歯の冷凍保存(^o^)v

2017/12/11 09:37

12月13日(水)朝8:15放送

NHKテレビ番組 『あさイチ』にて歯の冷凍保存の特集がある予定です(^o^)

矯正治療や親知らずで抜歯した歯をそのまま廃棄するのではなく冷凍保存して、将来自分の歯を失った際に解凍し欠損部に移植することを目的とするティースバンク。
歯の中にある神経を冷凍保存して、将来神経の再生や歯周病治療に使用することを目的とした歯髄バンク。
最新の情報が放送される予定です。
番組では当院の内田禎子先生の矯正患者様で、事故で折れた前歯の部位に、矯正治療で抜歯した歯を将来のためにと冷凍保存しておいた奥歯を解凍して前歯に移植した症例が紹介されます。

廃棄していた歯を、再生医療に利用できる時代になってきました(^o^)b

滝川歯科医院 インプラント治療は滝川歯科医院にご相談下さい

〒073-0032 北海道滝川市明神町1-5-35  TEL:0125-23-5888